機内持ち込み可能な携帯型酸素濃縮器の種類。

ノックスクートでは事前に許可された携帯型酸素濃縮器を機内に持ち込み、座席の下に収納することが可能です。
持ち込み可能な携帯型酸素濃縮器の種類は下記の通りです。

  • AirSep Corpotation's Lifestyle
  • AirSep Corpotation's Freestyle
  • Inogen, Inc.'s Inogen One
  • Inogen, Inc.'s Inogen One G2
  • SeQual Technologies' Eclipse
  • Respironics Inc.'s EverGo
  • Invacare Corporation's XPO2
  • Delphi Medical Systems' RS-00400
  • Oxlife's Independence Oxygen Concentrator
  • DeVibliss Healthcare's iGo
  • International Biophysics Corporation's LifeChoice

注意事項

携帯型酸素濃縮器はゲルまたは乾電池を使用するタイプが望ましい。
ノックスクートでは機内で充電いただくことはできないため、
飛行時間の少なくとも150%分使用できる予備電池を持ち込んでください。
例えば、飛行時間10時間の場合は15時間分の電池を準備してください。
各電池が5時間持つ場合は、3個の電池を準備する必要があります。

乗客は携帯型酸素濃縮器の使用の責任を負います。
客室乗務員は乗客に代わって装置を操作することは出来ません。
機内減圧が起きた場合、乗客は下ろされた酸素マスクに切り替えなければなりません。

Powered by Zendesk